小金井市 K様邸 棟瓦積み替え工事

小金井市 K様邸 棟積み替え工事

・築40年、小金井市K様邸。経年変化や天災の影響で棟瓦が崩れかかっていました。

屋根の最上部にある棟瓦は地震の影響を受けやすく、崩れた棟瓦は雨漏りの原因になるので補修工事(積み替え)が必須です。

現地調査~施工完了まで、4日間の工程で棟積み替え工事をおこないました。

〇現地調査

全体写真

瓦ずれ

銅線切れ

面土漆喰の崩れ

面土漆喰の崩れ

棟尻漆喰の崩れ

鬼首漆喰の崩れ

・現地調査では、お客様に屋根の写真をご覧いただきながら、現状の確認と補修工事のご説明をさせていただきます。

K様邸は、棟瓦のずれ、銅線切れ、各所で漆喰が崩れており、雨水の侵入を早急にくい止める必要がありました。

お客様とお打合せ後、漆喰補修だけでなく、棟瓦を一度解体し、漆喰を新しく施工して瓦を積み替える「棟瓦積み替え工事」を行うことになりました。

〇工事1日目 足場・解体・漆喰工事

 

・解体作業前に、瓦用の落下防止屋根足場を設置。安心安全な工事をお約束します。

棟瓦解体

棟瓦解体

のし瓦(熨斗瓦)解体

銅線の撤去

・一枚一枚丁寧に瓦を解体し、既存の漆喰・銅線を全て撤去していきます。

「劣化した漆喰の上から、漆喰を塗り増しするだけの工事」、「ボロボロの銅線を再利用する」等など、

屋根工事は手抜きが多いと言われておりますが、当社は全ての工程を写真でご報告しますので、一切の妥協はいたしません。どうぞご安心ください!

面土の漆喰詰め

面土の漆喰詰め

面土漆喰、施工後

鬼首漆喰、施工中

・解体撤去、清掃を終えると漆喰工事のスタートです。

漆喰の形と分量、瓦を整えながら、一枚一枚丁寧に作業を進めていきます。

特に面土漆喰は緻密な作業となるため、職人の経験と技量が問われる大切な工程となります。

〇工事2日目 漆喰・瓦積み工事

漆喰、コーキング

のし瓦二段目、施工後

のし瓦三段目、漆喰施工中

のし瓦三段目、漆喰施工中

のし瓦三段目、瓦積み施工中

のし瓦三段目、瓦積み施工中

・”地震と雨漏れに強い棟瓦”に仕上げるため、雨水経路を確保しながらコーキング施工を行いました。

また、漆喰の施工技術は特に重要なポイントとなり、厚塗りした漆喰は雨水の影響を受けやすく、正確均等に漆喰を塗り込む技術が求められます。

こちらも全ての施工写真をご覧いただけますので、ご安心ください。

〇工事3日目 漆喰・瓦積み工事仕上げ

棟瓦積み・銅線止め、施工中

面土漆喰、仕上げ

鬼首漆喰、仕上げ

取り合い・面土漆喰、仕上げ

面土漆喰、施工後 ※瓦清掃前

面土漆喰、施工後 ※瓦清掃前

鬼首漆喰、施工後 ※瓦清掃前

鬼首・面土漆喰、施工後 ※瓦清掃前

鬼首漆喰、施工後 ※瓦清掃前

施工後、足場解体・清掃中

・漆喰の仕上げは、”屋根の化粧作業”ともいわれる職方最大の見せ場です。

当社は解体から仕上げまで、経験豊富な職方が責任施工させていただきます。

また、工事中のご要望や疑問点にも、資格者が迅速に対応いたします。

K様邸は、”地震と雨漏り対策”として、ラバーロック工法と、屋根瓦の雨漏り点検を実施。

仕上がりにも、大変ご満足いただきました。

ラバーロック工法(瓦棟コーキング)

屋根瓦の雨漏り点検

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント

    カテゴリー

    PAGE TOP